データを運ぶ

会議

USBをROM化すると良い事は通常のUSBはRAMになっています。RAMというのは何度書き込んだり消したり出来ます。ですが、ROM化してしまうと一度書き込んでしまうと二度と編集をしたり消したりすることが出来なくなってしまいます。つまりROM化する人たちというのは編集をしたり消したりするという事が出来ないようにすることが目的でROM化をすると思います。一般の人はROMにするという事は無いと思います。主にUSBをROMにする人たちというのは企業の人たちだと思います。企業では大事なデータを消させないようにするためにUSBをROMにすると思います。ROMにしておけば一度入れたデータを変種されたり消されたりという心配が無くなるからです。

USBの最大の特徴は手軽にデータが持ち運べることだと思います。これが皆さんが利用するのに便利だという事だと思います。手軽にデータが運べなかったら皆さんはどうするでしょうか。例えば、ハードディスクを持っていったりするのではないでしょうか。ですが、さすがに大きすぎるので持ち運ぶには大変だと思います。このように手軽に運べることによってデータを簡単に渡せたり出来ます。その一方で手軽に運べることからセキュリティの面ではかなり脆弱だという事が分かると思います。USBは簡単にデータが入れれますがウイルスに感染する確率が高くなってしまいます。その為USBを製造している企業ではセキュリティ対策をしているのがほとんどです。